STORES決済の手数料

カード決済

【表で解説】カード決済&ネットショップSTORES手数料計算方法

こんな方におすすめ

  • STORES決済を使うときにかかる手数料がいくらか知りたい
  • STORES決済は手数料が安いって聞いたけどどれくらい安いのか知りたい

この記事を書いたのは

TAROです。1人起業して7年、STORES決済は4年愛用しています。他社も利用して分かったSTORES決済のメリット・デメリット、手数料について詳しくまとめました。

\今すぐ登録/

STORES決済の決済手数料は?

決済方法決済手数料
STORESのカード決済3.24%
STORESのカード決済3.74%
STORESのIC決済1.98%
STORESのQR決済3.24%
STORES 決済(:Coiney)
端末代金19,800円
(無料キャンペーンあり)
初期費用0円
月額費用0円
使える決済方法クレカ
電子マネー
QR(WechatPay)
クレカ決済手数料3.24%~
振込手数料0円
(10万円以上)
入金サイクル2営業日
導入スピード3営業日

STORES決済の手数料をまとめました。カードや支払い方法によって料率が変わりますがそれらの手数料は業界最安値です。月の手数料や初期費用もかからないので、個人事業主さんや個人経営のお店にとって導入しやすい!端末まで無料なのですぐに始めることができます。

クレジットカード決済手数料

STORES決済のカード決済手数料は3.24%と業界最安値です。カードブランドにより手数料率が変わります。

ダントツ安!交通系ICカード決済の手数料

IC決済手数料
STORES決済1.98%
Square3.25%
Airペイ3.24%
楽天ペイ3.24%
IC決済手数料はSTORESがダントツで安い

交通系ICカード決済については業界最安値の1.98%!主要他社は交通系IC決済も3.24%なので、1.98%のSTORES決済がいかに安いかが分かります。

QRコード決済の決済手数料

STORESのQR決済

QRコード決済はWeChatPayに対応しています。インバウンド効果の見込める業種はぜひ取り入れたい決済方法ですね。QRコード決済手数料は3.24%です。

オンライン請求書決済手数料

STORESのオンライン請求書3.24%
オンライン請求書の決済手数料

STORES決済にはオンラインに対応できるようリンク決済=オンライン請求書というものがあります。オンライン請求書をお客様に送信しカード番号を入力し決済してもらいます。離れたお客様ともカードでお会計ができ、またネットショップを持たなくてもオンラインで決済できるのでとても便利!オンライン請求書の決済手数料は3.24%、V ISAとマスターカードが対応しています。

無料条件!STORES決済の振込手数料

10万円未満10万円以上
振込手数料200円0円
10万円以上で振込手数料は無料になる

STORES決済の振込手数料は10万円以上の売り上げの場合0円です。手動で振込依頼をすると2営業日で売上が入金されます。10万円未満の場合は200円の振込手数料が別途かかりますので、なるべく手数料を取られたくない場合は10万円を超えた時点で振込依頼をすると良いでしょう。
手動入金が面倒な場合は設定を変えれば自動入金も可能です。月末締め翌20日に自動で入金されますので、都度振込依頼をせずに入金されます。入金までが長いのがデメリットですが、毎月決まったサイクルでまとめて入金されるというメリットがあります。

手数料を主要3社と比較

 

STORES決済STORES決済

SquareSquare AirpayAirPAY 楽天ペイ
端末
代金
19,800
無料キャンペーン
7,980
→4,980(11/22マデ)
20,167
無料キャンペーン
19,800
無料キャンペーン
月額
費用
- - - -

クレジット
カード

3.24%~ 3.25%~ 3.24%~ 3.24%~
2回リボ
対応
- - -
交通系
IC
1.98% 3.25% 3.24% 3.24%
QR
コード
3.24% 3.25% 3.24% 3.24%
オンライン
3.24% 3.25% - 4.0%
ネット
ショップ
3.6% 3.6 - -
手動
振込
2営業日 翌営業日※1 月6回※2
(指定日)
月末締め
翌営業日※3
¥0※4 ¥0 ¥0 ¥330※5

 

STORES決済 Square AirPAY  

※1.みずほ・SMBC以外は2営業日、※2.メガバンク以外は月3回指定日、※3.楽天銀行は翌日、※4.10万未満は¥200、※5.楽天銀行は¥0

クレジットカード決済の主要3社と比較しました。STORES決済はいかにお得かが分かります。決済端末は各社無料キャンペーンをやっています(Squareを除く)。手数料の点ではSTORES決済は最安値です。10万円以上の売上で振込手数料も無料になるので、カード決済はSTORES決済が一番お得です。

ネットショップの手数料

STORES決済の他にSTORESにはネットショップ作成サービスもあります。STORESはSTORES決済とは違い、無料プランと有料プランがあります。

STORESのネットショップは有料プランにすると様々な機能が使えたり、手数料が割安になります。その他、Amazonpay、送り状出力結果、売上分析など、ネットショップ作成に欠かせない機能がスタンダードプランには付いています。無料プランでも出来ることは多岐にわたり、登録アイテム数は無限に可能です。また、ネットショップなしでもお会計に便利なオンライン請求書決済(決済リンク)の作成STORES 決済 でもできます。ネットショップの場合入金サイクルが月末締めの翌月20日払いです(自動入金)。

ポイント

  • ネットショップ作成には無料と有料プランがある
  • ネットショップのアカウントがなくてもSTORES 決済のアカウントでオンライン請求書が作れる
 

フリープラン

スタンダードプラン

決済手数料

5%

3.6%

振込手数料

270円

270円

事務手数料

270円(1万円未満)

 

初期費用

無料

無料

月額料金

0円

2187円

入金サイクル

翌月20日

STORESネットショップできること無料/有料比較!

オンラインストアにはさまざまな機能やサービスがついていますが、フリープランとスタンダードプランでは使える権限が違います。両プランを比較しました

オンラインストアのデザイン

STORESのオンラインストア機能
商品をアピールするさまざまな機能がある(参照:STORES)

ネットショップのデザインは無料でも有料でも同じように使えます。テンプレートは48あり、自分のブランドのテイストに合ったテンプレートが必ず見つけられることでしょう。『SALE』や『NEW』などのアイコン=シールも使えるので、より目立たせたい場合の商品にはこのようなシールを活用することができます。また、ショップにアクセスした時にお知らせをポップアップで表示したり、YouTubeを埋め込んだりと、エディター機能も充実しているので、全くの初心者ネットショップオーナーでも簡単におしゃれなネットショップを作りこむことができます。

フリースタンダード
ショップデザイン4848
デザインエディタ
シール
無料も有料も変わらない機能

販売方法

販売方法もフリーもスタンダードもほぼ同じ条件で利用できます。唯一の違いは画像の掲載数です。スタンダードプランの場合は商品の画像は30件まで登録できますのでより詳細な説明を画像ですることができますね。とはいえフリープランでも15件まで画像は掲載できますので十分すぎる機能と言えます。そのほかネットショップの運営を充実させる予約販売やまとめ割引も設定できます。
販売するジャンルも多岐にわたります。物販はもちろんのこと電子チケットとダウンロード販売が可能なので、情報商材や音源・イラスト・入場券など、どの業種にも対応できる点で最強です。

フリースタンダード
アイテム登録件数
アイテム画像数15件30件
物販
電子チケット
定期販売
ダウンロード販売
予約販売
まとめ割引
販売期間設定
購入個数制限
登録できる画像枚数が違う

決済方法

決済方法はスタンダードプランの方が充実しています。代引きやAmazonペイが使える点は購買手段を逃さないのでとても有利ですね。とはいえ決済手段もフリーでもほぼカバーできますので、絶対に代引き!Amazonペイがいい!という人でなければフリーでも十分でしょう。代引きは意外と利用するお客さんは多いですがお客さんにも手数料が発生するのでこれだけ他の決済手段があるなら代引きに固執する必要はないかな?と思います。

フリースタンダード
クレジットカード
コンビニ決済
キャリア決済
銀行振込
PayPal
楽天ペイ
代引き×
Amazonペイ×
決済手段
カスタマイズ
×
有料では支払い方法が多い

集客・販促ツール

集客に関する項目はフリープランもスタンダードプランもほぼ変わりなく利用することができます。ネットショップ運営での集客はSNSやメルマガ・クーポンでファンを作ることが大切です。これらの機能を無料でも使えるのはありがたいですね!メルマガを発行するサービスは単体でも2,000円以上するサービスですから、STORESのこれらの機能はめちゃくちゃうれしいです。売れ筋の商品は売り切れ→再入荷→購入のサイクルを早くすることで売り上げがぐんぐん伸びます。再入荷リストを作成し、お客さんに売れ筋の商品を知ってもらい購入につなげることもできますね。

フリースタンダード
アイテム動画埋め込み×
メルマガ
ニュース作成
クーポン
再入荷リスト
インスタ連携
note for shopping
アイテムの動画は有料のみ

運用効率

STORESの倉庫機能
参照:STORES

商品がたくさんある場合は商品を品番管理することもあると思いますが、スタンダードプランでは品番での管理が可能です。また、ヤマトの送り状出力はめちゃくちゃ便利!スタンダードプランのみなのでヤマトを使う人はスタンダードプランがおすすめです。倉庫サービスは保管・梱包・発送業務の全てをSTORESに代行してもらうというもの。21円から可能なので保管倉庫も探している方や人手が足りないオーナーさんにはありがたい機能です。

フリースタンダード
品番管理×
在庫数一括更新×
送り状CSV出力
(ヤマトB2クラウド)
×
倉庫サービス
アイテム一括登録
配送状況一括登録
オーダーCSV出力
納品書PDF出力
インスタ画像連携
倉庫サービスは無料プランでも利用可能(別料金)

顧客対応

ネットショップの信頼問題ともなりうるお客様対応はフリープランでも十分に充実しています。フリープランでは配送日の指定はできませんが、今はお客様が運送会社と直接配送日を指定することも増えたのでそこまで重要視することもないでしょう。となるとお客様対応ではSTORESは十分にサービスを網羅しています。

フリースタンダード
配送日指定×
顧客管理
お問合せ
FAQ
レビュー
告知ボード
英語対応
年齢制限
シークレット販売
無料では配送日指定はできない

分析

ネットショップに1日どれくらいのお客さんが訪問したか、どのページに何分滞在したかなど、数字にして自分のネットショップの客入りを分析する機能です。GoogleAnalyticsと連携することで無料でアクセス解析ができますが専門知識を要します。とは言えネット上で商売をする=webマーケティングは必須なので知識を得ることは決して無駄ではありません。これらの分析をSTORESでは可能です。スタンダードプランではアクセス解析もできるのでより詳細に分析したい方はスタンダードプランがおすすめです。

フリースタンダード
アクセス解析×
GoogleAnalytics
広告タグ
アクセス解析したい場合はスタンダード

システム

スタンダードプランでは独自ドメインを取得して自分のネットショップを運営できます。フリープランでは『〇〇.stores.jp』というSTORESのドメイン(サブドメイン)でネットショップを運営することになります。わかる人には『あ、このショップはSTORESなんだ』とわかってしまいます。もしそれが嫌なら独自ドメインを取得できるスタンダードプランが良いでしょう。『◯◯.com』や『○◯.net』『◯◯.shop』のドメインを取得できネットショップ運営ができます。これは他社との差別化やブランディングを測りたい時におすすめです。スタンダードプランに加入していれはドメインの取得費用は無料です。また、スタンダードプランではショップページに『STORES』のサービスロゴを非表示にすることができます。これもブランディングをする上で有利な点です。『別にサービスロゴはあってもいいや』という方はフリープランのままでOKです。

フリースタンダード
独自ドメイン×
SSL対応
サービスロゴ非表示×
PC/SP対応

スピードキャッシュで翌日入金

フリープランスタンダートプラン
スピードキャッシュ手数料3.5%1.5%
スピードキャッシュ利用時は決済手数料に上乗せされる

ネットショップのSTORESは、売上金は基本的に月末締め翌月末日払いです。これはカード決済のSTORES決済とは違う点でもあります。売上金を早く入金してほしい場合スピードキャッシュというサービスを利用することができます。
スピードキャッシュは申し込めば売上金を翌日に入金してくれるというサービス。決済手数料の他に上乗せで手数料はかかりますが、資金繰りが重要な個人事業主さんとってはありがたいですね。月の途中でも申し込み可能で翌営業日に入金されますのでとても便利なサービスです。

STORES・BASE比較!ネットショップ作成お得は?

ネットショップ作成サービスでは STORESはどれくらいお得なのでしょうか?BASEと比較してみました。有名なBASEは手数料が高く、STORESはさまざまなカスタムやサービスがついているのに手数料が安くてお得度が高い!ネットショップをカスタムしておしゃれに使いたい・手数料もお得に使いたい人はSTORESがおすすめです。

STORES
フリープラン
STORES
スタンダードプラン
BASE
販売手数料5%3.6%6.6%+¥40
月額費用0円2,178円0円
振込手数料275円275円250円
事務手数料275円
(1万円未満)
275円
(1万円未満)
500円
(2万円未満)
入金サイクル月末締め
翌月末日
月末締め
翌月末日
10営業日

STORES決済の手数料に消費税はかかる?

クレジットカード決済
QR決済
オンライン請求書決済
非課税
交通系IC決済内税

決済手数料は内税と非課税に分かれます。また、振込手数料(10万円未満)は内税です。表示された料率と金額の他に消費税の名目で手数料は上乗せされません。

STORES決済の手数料まとめ

決済方法決済手数料
STORESのカード決済3.24%
STORESのカード決済3.74%
STORESのIC決済1.98%
STORESのQR決済3.24%
STORES 決済(:Coiney)
端末代金19,800円
(無料キャンペーンあり)
初期費用0円
月額費用0円
使える決済方法クレカ
電子マネー
QR(WechatPay)
クレカ決済手数料3.24%~
振込手数料0円
(10万円以上)
入金サイクル2営業日
導入スピード3営業日

STORES決済は手数料が最安値、また端末も無料キャンペーンでゲットできる非常にお得なカード決済です。手数料は業界最安値!初期費用もかからないので個人経営やフリーランスの人にとって始めやすいのがメリットです。申し込みから審査まで約3日で使えるので、ぜひアカウント登録をしてくださいね♪

\今すぐ登録/

-カード決済
-, , , ,